充電したい、バッテリー残量を確認したい

充電方法


<第1世代の場合>
コンセントに差し込むタイプの、USB用ACアダプタとMicroUSBケーブル(Micro-B)をお使いください。約3時間で満充電になります。 充電ができない場合は、「 Q.充電ができません。」をご確認ください。


※ランプの赤色の点滅は、位置情報の測位・更新ができない状態です。充電をお願いいたします。
※ランプの緑色の点滅は、機内モードです。充電しない限りは位置情報の更新がされません。


<第2世代の場合:2020年3月2日発売開始>
コンセントに差し込むタイプの、USB用ACアダプタとUSBケーブル (USB Type-C)をお使いください。約3~4時間で満充電になります。 充電ができない場合は、「 Q.充電ができません。」をご確認ください。 

※ランプの赤色の点滅は、位置情報の測位・更新ができない状態です。充電をお願いいたします。
※ランプの緑色の点滅は、機内モードです。充電しない限りは位置情報の更新がされません。

ー注意事項ー

●モバイルバッテリーやパソコン、USBハブなどのUSBポートでは、GPS BoTをフル充電できないことがあります。

●GPS BoTは生活防水(IP55)ですが、濡れた状態では絶対に充電しないでください。水気を拭き取った上で日陰で完全に乾かしたあとで充電してください。水没した端末は故障の懸念があるため、お買い替えをお願いいたします。

●USBシガーチャージャーをお使いいただく場合、ご利用車載電気システムの過電圧保護規格である 「ISO7637-2」に準拠した規格品をお使いください。 また、USBシガーチャージャーご利用によるGPS BoT端末の故障は、保証の対象外となります。あらかじめご了承ください。

※シガーチャージャーについて、詳しくは こちら をご覧ください。

バッテリー残量

BoTアプリで、GPS BoTのバッテリー残量を確認できます。地図カードの左上にバッテリー残量の目安が表示されます。バッテリー残量は、GPS BoTが位置を更新する際に合わせて更新されます。

バッテリー残量の目安


バッテリー残量通知の設定

<第1世代|GPS BoT(2017年4月発売)の場合>
バッテリー残量 「少なくなったら通知」を ON にすることでGPS BoTのバッテリー残量がおよそ「 20%」を下回った場合に、スマホにPUSH通知が届きます。くわしくは こちらをご確認ください。

<第2世代|GPS BoT(2020年3月発売)の場合>
バッテリー残量 「少なくなったら通知」を ON にすることでGPS BoTのバッテリー残量がおよそ「 10%」を下回った場合に、スマホにPUSH通知が届きます。くわしくは こちら をご確認ください。



バッテリーの寿命について

GPS BoTの内蔵バッテリーは、充電と放電を繰り返すうちに、少しずつ、容量が低下していきます。お使いのされ方にもよりますが、2〜3年でのGPS BoT新規交換をオススメしております。

ー開発者のひとことー

・2〜3年で、GPS BoTが使えなくなるわけではありません。しかし、バッテリライフが少しずつ低下していく点と、その頃発売されている新モデルは見守り性能が向上していると考えられるため、よりよい見守りのために、2〜3年での新品交換をオススメしています。

・GPS BoTは、高温にさらされるとバッテリの寿命が低下すると考えられます。

・バッテリー優先モードの方が、充放電の回数も結果的に少なくなるため、バッテリーの寿命も長持ちすると考えられます。